しょしごと。

賛否両論、自画自賛。明日天気になるがよい。

三軒茶屋と成田くんと私。

 

 

私、三軒茶屋にいったことないんですよ。でも、永遠の憧れなの。なんていうか、東京を離れる前にいってみたいなぁと思う。そういう場所。すいかってドラマのせいかわかんないけど、三軒茶屋とか高円寺とか。住みたかったなぁ。って場所。

 

本当にいってみたいなとは思う。けれど、きっといったところで焼き鳥屋にはいってビールとレモンサワー飲む気がするんだ。そんで、「あー、帰るのだっる」とかいいながら酔っぱらって駅に向かうの。そんな中、隣で微笑むちょっとどもりぎみな成田君に「明日、仕事っすよ」とか言われて「そうかぁ」て返事するんだ。今日限りでお別れなのに。なんとなく知り合った成田君との日々は楽しくて年齢が少し上の自分が申しわけなくて。「イタリアンとかじゃなくていいんですか?」て聞かれるけど、気取りたくなくていつも「焼き鳥でいいよ」って言っちゃう私を見て苦笑いすんの。成田君、カフェの店員でなんかバンドとか写真とか好きで。いつもレザージャケットを着てるところが可愛いなって思った。「これしかないんすよ。かっけぇの」とかいって、ちょっと恥ずかしそうに。かわいい顔だねぇ、とか言うと「男にかわいいっていうのダメですよ」て困ったように注意する。そんな成田君、明日引っ越すんだって言うから、「じゃあ、引っ越し祝いに飲みに行くか、最後に」ていって本当は残業しなきゃいけないのに無理やり定時に上がって三軒茶屋にきちゃった私を見て困ったような顔してた。あ、かわいいなって思った。でも、かわいいって言ったらまた困った顔するかなぁ。「好きな人いるんですか?」て聞かれて「その質問って誰も幸せにならなくない?」ておどけて返したら「まぁそうか」て笑う。ハイボール飲んでたのに、私の焼酎とりあげて「うわ、まず」なんて言って笑った。どうやって出会ったのかも、忘れるように最後、二人で飲んだ。一瞬の出会いは永遠に忘れられないってことを知っているから大人って大変だ。

幸せな焼き鳥屋だったな。あー、終電逃したらおもしろいのかなぁ。でもまぁ、いいか。そう思いながら駅に向かうんだ。きっと。

多分ねきっと。子供なのはお互い様で、弱虫なのもお互い様だった。年齢だとか、環境だとかそういうの全部ひっくるめて「好きだ」て言えば終わってた。けど、言えなかった。どんどん大きくなる電車の音にかきけされてもいいから言えばよかった。でもやっぱり言えない。なんとなくそんなかっこ悪くてださくて、青い、そんな恋が三軒茶屋にはお似合いなような気がして。「じゃあ、またね」「はい」そう言葉を交わして終わる恋もありでしょう?なんて。三軒茶屋で出会った彼と私。控えめに手を振るレザージャケットの彼が好きで、好きでしょうがなかった。そんな記憶……がほしい。

 

f:id:ogadenai:20181021153811j:plain

 

成田凌くん、控えめに言って大好きです。(コードブルー以外で)

 

成田凌くんといったこともない三軒茶屋を歩きたいって感じ。

 

今週のお題「好きな街」

 

 

なにしたって眠いんだからビートルズでも聞くのが正解。

いやぁ、ビートルズってどうしてこんなに、日常にスッと溶けて気持ち綺麗にしていくんです?ジョイじゃん。いや、ハイターかも。そんな感じ。

 

最近、色々と行き詰まってるんでどうしてだろうと考えたら頭がオーバーヒートしちゃって30分ほどさっき寝込んだ。なにやってたんだぁ、おい。

 

いきなりですけど、1200幅・奥行き600のウォールナット天板にアイアン脚がついているだけのデスクがほしいんです。ほしくてたまらなくていっそのこと自分で作ろうかと思ってるぐらい。いろんなサイトを見てみるけど引き出しついてたり、面取りしてなかったりで実際に見てみないと3万なんてポイッとだせないよ、ふぇーんってかんじで。面取りしてないと腕乗せた時にいたくない?乗せなきゃいい?乗せたいよ!何時間デスクに向き合うつもりでいるってんだ!彼氏よりも家族よりも!あたしはデスクに向き合いたいの!いやそれどうなの?ほんと。自問自答も繰り返しすぎてハゲそう。

いらないんですよ、引き出しとかワゴンとかそういうの。欲しいのはただ、ぬくもりのある木にかっちょいいアイアン脚なの。たどり着いた究極のデスクがほしい。そこで手帳を書いたり、パソコンしたり、ブログしたり、勉強したり。寒いねぇ、なんてブランケット膝の上にのせたり、猫もなでたり。猫かってないや。そんで、大好きな鹿のアートでも壁にかざって、時計を見て「やば、そろそろ打ち合わせいかなきゃ」っていって、打ち合わせにいきたいの。いや、あいにく私が急いで外出るの制服支給のだせぇ会社だけど。クソ、もう来年辞めるって決めてるけどマジでいきたくねぇ。毎日ラーメン食べてぇそりゃ太る。ああ、そんなわけでデスクがほしいでやんす。ああ、わかるぅストロベリーフィールズフォーエバーだし、アイワナホールドユアーハーーーーンドなんだよねぇ。

 

やっぱり、ビートルズって最高。

木曜日の朝、おじさんに怒られた。

 

今日は寒かった。寒いのにTシャツでは無理だとトレンチコートを着て出かけた。こないと思った台風はどうやらこちらに向かっているらしい。火曜日の朝に「台風こっちこねぇだろう」と笑っていた上司を思い出す。今日会社に行ったらきっと彼は「台風来るみたいだね」と素知らぬ顔で言うんだろう。

7時50分ぐらいだろうか。私はホームで電車を待っていた。黄色い線の内側に立ち、スマートホンで音楽を聴きながらヤフーニュースをチェックしようとしていた。耳元で歌ってくれるくるりの声が耳触りがよくてソングライン最高かよと思った。そうして手元のスマートフォンでヤフーを開いた瞬間、後ろから嫌な声が聞こえてきた。

 

「っしろよ、このやろう」

 

続きを読む

まぁ、それはおいといて。

平成最後の夏が終わった。ひそかに積み立ててきた貯金は乃木坂真夏の全国ツアーに3か所参加したのと、地元に帰ったのと熊本に旅行に行ったので消え去った。まぁ、覚悟の上だったけれどなかなか口座的にはきつい夏だった。口座の残高を見てグッバイ、諭吉と口ずさんだ。グッバイボイ~♪やっぱさよならしよう♪みたいな。

乃木坂のツアーは最高だったが、なんというかはしゃいでる観客と自分に一本線があるような気がした。そう感じた瞬間「あ、もしかしたらオタクとして達観したのかもしれない」と思った。してないんだけど。物事が急に変わって見えることがよくある。その瞬間、心が違うところに行っては「ああ、こういうことか」と謎に納得するのだ。この現象に名前を付けるとしたら「若干引いただけ」ってこと。

 

8月には地元に帰った。これでもかというほど地元の夏に癒された。あーやっぱり秋田好きだなぁと思い、そういえばなんでYOUは東京にいるの?と自問自答を繰り返した夏だった。いやはや、好きなら帰れよなと思ったのだ。そうこうしているうちに金足の業高校は準優勝するわで大の秋田フィーバー。どうせ秋田なんてという初夏に感じた想いは、やっぱり秋田なんだぁという気持ちに変わったのだ。

 

関東に出てきて14年。(途中、転勤と留学で2年ぐらいいなかったけれど)

静かに暮らしたいという気持ちがもりもりわいてきてしまった。

 

 

 

しかし、今の状況で秋田にまるっと帰るわけにはいかない。なんとなく、なんかそれはまるで冒険していない気がしていた。やっぱり、勇者は魔王を倒して母親と会いたいもんだ。「おまえ…おまえなのかい?」「母さん、ぼくやったよ。お父さんの敵をうったよ」と言いたい。誰なんだ私のお父さんの敵は。教えてほしい。やっつけるから。まぁ、うちの父親ぴんぴんしてますけど。

 

しかし、家を出るにも、故郷に帰るにも自分の中で理由がいるなんて驚きだ。ニュージーランドに行った時なんて完全にノリだったのに。会社に転勤させられたときのほうがまだマシだった。自分で決定していないことのほうが楽だから。すべて環境のせいにして生きて来たんだなぁと思う。なんというか、秋田という土地は最終的に住む場所という感じがしていたので、今帰ります!というとああ、もう関東にはこれないんだ?とか西には住めないんだというか思ってしまう。変なの。でも一刻も早く秋田に帰って秋田の良さを紹介したりする仕事に就きたいなとかも思うし、思考の整理が下手だなと実感する。

 

 

やりたいことをやろうと思う。なにを?どうするの?と聞いてくるやつはたくさんいるだろうけど。なにをどうするんだろうね。こういう気持ちになりやすいから、秋って好きだけど苦手さ。特に秋の長雨の静かな夜はね。

 

まぁ、それはおいといて、明日晴れてほしい。なぜならTシャツしかないからさ。ワイルドだろぅ?

メアドときみとさよならCOLOR

メールアドレスの意味なんて今の子はわかんないだろうけど、30代のわたしにはとても意味があった。大体、メアド変えましたってやつは彼氏ができたか、別れたかどちらかだった。「迷惑メールが多いのでメアド変えました」って一言ぜったいいれるやつもいたし、「メアド変えました登録お願いします」だけの簡潔なやつもいたが、おいおい前のアドレスと比べるとなんか誕生日も関係ない日付けはいってんじゃんよ、迷惑メールじゃないじゃん、彼氏できたじゃん!なんてプリクラを待ちながら思った。

 

meccha-suki-kazu0707@vordafon…みたいな?(ボーダフォンの綴り忘れた)

 

絵文字が使えないから、携帯会社変える…的な?

 

そんな高校生時代を過ごしていた私が今、まったく使わないauのメールアドレスに並べている文字はまぁ、なんか普通で。

やり取りはSMSかLINEなこの世の中で、このアドレスでやり取りする事はなく、大体入ってくるものはメールマガジンだけだ。もういらなくない?と思うけどなくなったら寂しい。

そんなことを想いながら平成最後の夏、クリーニングにブラウス三枚をだして、部屋に戻るとかけっぱなしだったspotifyプレイリストから流れてきた曲に耳が止まった。

 

ああ、この曲のサビの歌詞は…もう連絡をとらなくなったあの子のメールアドレスの部分だって。

 

なんか、そういう思い出し方をしたんだよ。

 

 

続きを読む

安室奈美恵さんの東京ドームライブと私。

 

5月3日。ライブの朝、私は二日酔いで頭を痛めていたし悩ませていた。なんていうか、乃木坂の時もHYの時も、ライブの朝は必ず二日酔いだ。ライブにいく嬉しさがハイボールをいっぱい受け入れてしまうのだろう。ビールは飽きるんだよな…焼酎は飲み会では急ピッチになっちゃうしさ、レモンサワーは一見良さそうだけど悪酔いすんだ。

 

16時に東京ドーム前で。と友人からきているラインを見たのは朝9時。とりあえずもう一度寝たら頭痛がおさまるかも、とおもい昨日のチャンジャおいしかったなぁと右側を下にしてもう一度寝た。

続きを読む

5がつ1にちの、わたし。

明日から仕事じゃないか。昭和の日も終え、振替ちゃったし明日から仕事。でも2日いけばいいだけだからねって言うけどさ、わけわかんないぐらいその凝縮された2日間を過ごすわけよ。右から左に書類はきて。焦ってる上司と苛立つ上司と空気の読めない同僚に頭を悩ますんでしょう?でももしかしたら相手にとっては私も空気読めてない可能性があったりなかったり、ああ、やばい。きっとみんなピリピリしてるね。前向きな人もたくさんいるんだろうけど。のんびり三連休過ごしてたらほんと、明日にむかって天気悪くなってきて笑っちゃうよ。

 

明日の朝、予定通りに起きてお弁当詰めて(家庭的な一面)そんで、定刻通り家を出るでしょ?早くなんていきませんよ~~!そんなぁ~~。つって。そしたら駅まで10分歩いてさ。鳩に睨まれながらいくわけです。ちょっと肌寒いなぁとか思いつつ駅に着くわけだ。多分そこでちょっと電車遅れてるんだよ。まぁ余裕もってでてるからいいかなって思いながらホームで待つでしょ?そしたら、社会人なりたての子たちがホームで盛り上がってそのまま電車に乗るわけ。ドアの前で円みたいなの組んでさ話し続けるんだよ。ねぇ、円陣?それ?ねぇ。とか思いながらイヤホンから流れてくる乃木坂に耳を傾けるけど、うるさいから音量上げるのさ。でも、音漏れ気になるから周りの顔色伺ってやっぱり下げるの。結局聞こえねぇなぁ、シンクロニシティつって。で、暇つぶしに携帯でニュースみてさ。え、うそ、あの人こうなっちゃたの?とか思いながら指でどんどんスライドさせてニュースみてくんだわ。そうこうしてたら、後ろの人が私の捕まるはずだったつり革つかまっちゃってさ。おいおい、これ急ブレーキかかったら無重力だなぁとか思いつつね。まぁいいやつって仁王立ちすんの。ていうか、いつからリュックは前にだすようなルールになったんだろう?音漏れは不快だけど、なんかイキのいい人たちが話して盛り上がってる声の方が不快?人それぞれ?まぁ、そうか。人それぞれだよね~~。うんうん。え、ドアの前のポジション狙ってますかって?そりゃ狙ってるよ。できればドア横の雷神・風神スタイルでたってたほうがいいよ。あそこ守られるからね。まぁ、私なんて通勤電車乗るの30分だからね、別に座らなくていいんだけど。いやいや、おじさん。なんで?なんでめっちゃドヤ顔で座るん?いいから、そういうの。あー、なんかそういうことされると席座りたくなるじゃん。自分、人間できてないんでね。まぁ、そりゃいいわ。あ、英単語の本で勉強してる学生、えらいじゃん。隣ではおっさん、おばさんがツムツムしてんじゃん。なんていうか世の中ー!って感じだよね。あー、私もお金とか経験値とかツムツムしてーなー。舌打ちするおじさんうるさいなぁ、リズムとってやりたいなぁ。うん、とりあえず黙ろうか新社会人たちよ。先輩とか取引先の愚痴とかマジでどこに耳があるかわからんからな。壁に耳あり障子に目にありというアレがあってだな。あ、もう降りる駅か。はあ、今日も始まるなぁ。会社いって気分屋の上司に振り回されて連休どこいきましたぁ?なんて聞かれて「なんにもしてないよぉ」なんて甲高い声で答える一日が始まるなぁ。帰ったらハイボールのもうっと。うん、今決めた。さて、8時間。やってやるか。みたいなね。そんな一日が明日待ってるんだろうな。うん、とりあえず今日もハイボール作って飲もうかな。

 

ああ、なんかね。

 

やさしくなりてぇ……。

 

www.youtube.com