しょしごと。

賛否両論、自画自賛。明日天気になるがよい。

スタバで色々考えてたら銀杏BOYZ聞いて家に帰りたくなった。

f:id:ogadenai:20180225171201p:plain

 
後輩ちゃんから誕生日プレゼントにスタバのカードをもらったので最近はスタバにいることが多い。おしゃんてぃじゃない?なんっていうか~……田舎からでてきて、大人になったもんだなと思う。スタバよりも高円寺とか吉祥寺の焼き鳥食べていたかったけど。

 

最近、というかいつものことなのだけど、将来のことを考える時間がめちゃくちゃ多い。毎日5分は最低考えてるとしたら、週に35分。1か月におけば2時間弱だ。無駄と思うか、有意義な時間だととらえるかは、自分次第。イェア。
 
32歳でどちらかというと興味のない仕事についてしまった。というのも、NZ留学を半年経て戻ってきたら、財布も心もカラカラだった。とにもかくにも、「お金がないので働かなければ」という気持ちでいっぱいだった。
 
私は「世間体」を嫌い、「世間体」を気にする性質を持っている。親が、親戚が、社会が、友人が、どう思うかを考えてしまう癖がある。というか、考えない人なんているのかなと思うけど…。まぁ、そういう性質の人はなかなかバカができない。バカができないので仕事を中々やめられなかった。それでも、ふと7年務めた小売業を辞めた私はなかなかの勇気だしたガールだった気がする。
 
かっこつけて退職してあてもないのは嫌なので、語学留学と言ってニュージーランドに行き私はビールを飲んでコーヒーを飲んで帰国した。三人称単数もわかんない私がよくもまぁ、半年だけだけど生き抜けたなと思った。ホームステイをせずに1人で半年間暮らしたが、最後にはアパートの水道の音にクレームをつけれるぐらいは成長した。ありがとう、グーグル翻訳。今後の旅行・留学には絶対にほんだしを持って行こうと思った。
 
色んな文化がある事を知った。いろんな怒りがあることも。そして私は日本が好きだな日本最高と思い帰国した。そして、日本の文化や考えを少しでも広めていけたらいいなと思っての帰国だった。
 
しかし、不思議なもんだな。帰国した途端「不安」が大きくなる。おいおい、貯金全然ないけど。とか、周りは就職してるのに働いてないし、アルバイトなんてしないで正社員をすべきだとマインドコントロールbyミーをしていくわけだ。誰も言ってもないし、思ってるかもしれないけど言わないのに。正社員最高説は社会からは薄くなっていたけれども私と私の親にはまだ濃厚で有効だった。
 
ハローワークに行き、仕事を決めた。人手不足だった通関業に就職が決まると、まぁ安い給料ではあったがなんとか生きていけることになった。国家資格も頑張ればとれるぞ、とみんなに言われてぬるま湯での日々が始まる。OLの制服に着替えて残業は多いけど土日祝休み。責任なんて、ナイナイナイ♪小売業でフロア責任者をやっていたころとは雲泥の差だなと思った。
 
国家資格も取れるし頑張ろ♪とか思ったけど驚くぐらいその資格に魅力を感じなかった。あほな私は国家資格さえあれば何とか生きていけると思っていた。だけど、そんな生きていける人生いらねーってすぐに思った。
なぜかというと、私の周りにいる国家資格保持者は、専門的で視野が狭かった。そして、昔からこの専門職なのでほかの業種からきたものを受け付けたがらない。「発展」よりも「秩序」を守る事を主としている。必要な仕事だと思うが、私にはあわないな、と1年にして気づいてしまった。
 
それじゃあ、私はどうするのかと1日5分から10分は決まって考えているわけだ。今の仕事はかなり惰性。らしくないなぁ、自分。けれどきっぱりと「お金を貯めるためだけの仕事」とわりきれる。安月給ですが。
 
休みの日は大して何もしない。私の好きな事は散歩とか読書とかなので穏やかに過ごすことが出来ればそれでいい。好きな本を読んで、スペイン語を勉強して気晴らしにブログを書き、将来をゆらゆらと考える。
 
将来か…。35までもっかい何かしたいなぁ。そんなことを思うようになった。そもそも、この土地にいる意味なんてあるのかなぁ、とも。
 
私は秋田が好きで、でも18歳で千葉に出て今は神奈川で働いている。神奈川に来る前は、千葉→神奈川→愛知という順番で転勤を繰り返した。そしてNZにいき、日本が本当に好きだなぁと実感した。さあ、そんな私です。どうしましょうか?と毎日問いかける。
 
きっと、多分もう関東に未練はないような気がする。東京オリンピックはまぁ肌で感じたいけどそれはなんとか死に物狂いでボランティアとかすればできるかもしれない。
 
これから私はどうしよう。どこで生きようか。と思う。幸い、悲しいけれどパートナーもいなければ親も元気だ。そんでもって推しのことはネットで見れる世の中だ。
 
やりたいことは、確か、そう。NZから帰国する時に「日本ってすごい素敵な国なんだ」と実感したあの感情がカギな気がするんだよなぁ。
 
秋田に戻るか?
それともどっかで町おこし協力隊として生きようかな?いくなら東北じゃなくてせっかくなら九州に住みたいから、町おこしは九州がいいな。
それもまぁ、楽しそうだなぁ。かなりいいな。来年応募してみようかな。
 
まぁ、まずはお金か!乃木坂ちゃんも応援したいし、生駒ちゃんの卒コン(まだ信じてないけど)と、バースデーライブ絶対にチケットご用意されたいもんね。
 
毎日、考えては笑ってなにかに感動して眠る。
思考を現実化しなくちゃと思いながら毎日ノートに落書きをする。落書きもいつかは立派な本になればいいなと思いながら。自分だけの本だな。まぁそれがいい。
 
そんなこんなで、今ブログを、おしゃんてぃの集まりスタバで書いていたわけだ。スペイン語を勉強して集中力が切れたので、パソコンでかたかたしていた。キャリアウーマンかよ~!みたいな見た目だ。私はしがないOLだけど、みんなが必死に勉強してる中自分についてコーヒー飲んで書いてるってわけだ。なんだか愉快だ。
 
目の前には、女子高生たちが必死に勉強している。その横では資格の本を広げる女性、パソコンとにらめっこしている彼。ノートを眺めている男の子。机を鍵盤に見立ててピアノを弾く女性。ここにはさまざまな人が「勉強」をしに来ては将来に近づこうとしている。
 
ああ、将来とはなんなんでしょう、みなさん。
私は自分を残したいです。
自分を残す将来を描けたらいいなと思います。
そうできるように、なんか今考えたり勉強したりブログ書いてます。
どうですか、勉強は順調ですか?まぁ、がんばりましょうや。
 
さてまぁ、なんだかちょっとハッピーになってきた。カーリングも勝ったしつべこべ考えず今日は祝杯をあげましょうかね、近所のコンビニでつまみ買ってさ。
 今日は銀杏BOYZでも聞きながらぶらぶら歩いて帰ってビールを買うよ。最近は「恋は永遠」がお気に入りだし、でもやっぱり冬は佳代を聞いて高校時代を思い出したがるんだよなぁ。高円寺に住めなかったなぁ。まぁいいか。
 
まぁ、これからの人生なんとかなるだろう。そんなことを思いながら、ほどよい冷たさのビールを喉に流し、ほろ酔いで友達に電話するんだ。ハロー、ハロー、世界はあったかいぞーってわけわかんないことを言いながら。
 
ああ、どこかにいきたい。
どこにもいけないと嘆くような人生は嫌だなぁ。
 
しかし、高校生の集中力とはすごい。ババアはスペイン語、30分で終わりそうだ。…よしゃ、再開…いや、トイレ行って帰ろう。イエス。ねぎまがいいな、ねぎまとキリンラガー買って眠ればまた明日、お仕事。やってやろうじゃんねぇ。